歴代の受賞企業紹介

勇気ある経営大賞

大賞:株式会社アイオイ・システム|第12回選考結果

代表取締役
多田 潔
所在地
東京都大田区大森北
資本金
1億2,300万円
従業員数
82名(パート・アルバイト除く)
創業
昭和59年
事業の概要
電子関連機器の設計・開発、製造・販売

授賞理由

  • 通信技術を基にした「デジタルピッキングシステム」を開発。物流・生産現場の効率化に資する画期的な製品として、今では世界51カ国で採用されるまで成長したこと。
  • リーマンショック後、仕事は大きく減少した。社長は空き時間を新製品開発の好機と捉え、リストラをせず研究開発に専念。物流のペーパーレス化に貢献する「スマートタグ」の開発を成功させ、新たな事業の柱へと育てたこと。

企業紹介

 昭和59年、同社は大田区で創業。コンピューターのハードウェア及びソフトウェアの製作・開発を目的として設立された。
 売上の8割強を占める主力製品「デジタルピッキングシステム(以下、DPS)」は創業期に開発した。これは工場の組立ラインや物流センターでの取り出し・仕分けの作業効率を大幅に改善させる画期的なシステム製品であり、それまでの紙の伝票やリストをもとに行っていた時に比べ、より速く・より正確に作業ができるようになった。
 日本での成功をベースに、世界各国に販路を拡げたいと考えた社長は、世界中を飛び回り現地情報を収集、営業活動を続け、海外現地企業とのネットワーク作りに成功、アメリカ・スペイン・中国にそれぞれ拠点を設けた。世界各地の現地事情に合わせた製品開発を進め、他社に真似のできない商品性で「アイオイ」のブランドを確立し、現在では世界51カ国で同社のシステム製品が採用され、今も成長を続けている。
 DPS の開発により創業から順調に業績を伸ばしてきた同社だが、平成20年9月のリーマンショック後、受注は大幅に減少、技術開発部門の仕事も激減してしまった。社長は当時、経営状況からみてリストラもせざるをえないと考えたが、せっかく育てた従業員を解雇するのはもったいないと逆にこの状況を新製品開発の好機と捉えることにした。人を切らずに研究開発費を捻出するため、助成金の活用や金融機関からの借入、取引先への資金融通をお願いするなどなんとか資金繰りにメドを付け経営を乗り切った。
 その後、わずか半年で物流のペーパーレス化に貢献する「スマートタグ」の開発に成功、発売当初は正しい評価を受けられず、苦戦が続いたが平成24年2月に1万5千枚の受注が決まると、その後2年間で大手100円ショップや医療現場、自動車部品工場などに累計約19万枚の販売実績を残すことに成功した。
 常に新たな発想を喚起し、利便性の高いシステム製品を開発するという同社の挑戦は今後も続いていく。

デジタルピッキングシステム

技術開発部門の打合せ風景

世界中を飛び回る多田社長

内蔵のICチップのデータをリーダなしに表示できる「スマートタグ」

喜びの声

常識にとらわれない製品が評価されてうれしい

 大賞受賞のお知らせをいただき大変うれしく思っております。何も後ろ盾の無い中小企業が世界に向けて、がむしゃらに物づくりを発信してきた事が評価されるとは思っておりませんでした。これからも世界初の製品づくりに励みたいと思います。

(株式会社アイオイ・システム/多田 潔 社長)

お問い合わせ
東京商工会議所 中小企業部03-3283-7644