歴代の受賞企業紹介

勇気ある経営大賞

優秀賞:株式会社西尾硝子鏡工業所|第11回選考結果

代表取締役
西尾 智之
所在地
東京都大田区大森北
資本金
1,000万円
従業員数
23名(パート・アルバイト除く)
創業
昭和7年
事業の概要
商業施設で使用されるショーケースなどのガラス加工・施工業務

授賞理由

  • リーマンショック後の経営難を打破すべく、海外有名ブランド向けショーケースの受注に挑戦。社員一丸となった取り組みにより、45度傾斜のガラス接着技術の開発に成功。匠の技とアナログ的感性によって、他社では手掛けることが難しい高付加価値商品を生み出し、高級ブランドからの特注を可能としたことで大きな貢献を果たしていること。
  • 主力の内装分野にとどまらず、太陽熱発電用の屋外用ミラーの開発を断行した結果、業界初となるアブダビ首長国への大量納入を実現。一中小企業の枠を超えた新分野への進出と、鏡の腐食防止処理技術の駆使により、再生可能エネルギー分野への貢献が期待されること。

企業紹介

 難しい仕事を簡単に「出来ない」とは言わず、挑戦していくプロセスこそが決定的な差別化だ、と社長は語る。同社は、「デジタルとアナログの融合」により、ガラスの寸法精度を武器に、加工から取付工事まで一貫した工程を持つ。
 近年のガラス業界は、ITを駆使した設備の普及によって、“誰が”というよりも、“どの機械”で制作したのかに関心が移り、付加価値の高い製品を生み出しにくい状況にあった。そのような中、リーマンショックによって同社の収益性は悪化。社員はみるみるうちに疲弊していった。
 会社が今後進むべき方向とは?社長と社員による議論が重ねられた。「あえて、他社が難しいと嫌がるような仕事をやろう」という厳しい道を選択することを決めた時、社員の顔は晴れやかだった。まさに職人集団だ。そして、海外有名ブランド向けショーケースの受注に向けた挑戦がスタートした。
 ブランドイメージを重視する依頼主の要求は非常に厳しいもので、ちょっとした光の反射やガラスの繋ぎ部分の僅かな陰りも許されない。0.1mmの繋ぎ部分の接着面に、針の先ほどの気泡が入っただけでも薄く白味を帯びた光の反射が発生してしまう厳しい世界だ。しかし、ガラスを切断、加工する前工程の技術にさらに磨きをかけ、ガラス断面を45度の角度で貼り合わせるという手法を確立。今日では、ショーケースのガラスの加工をさせたらおそらく業界一、という評判を生むまでになった。
 次なる挑戦は、太陽熱発電用の屋外使用ミラーの開発だ。鏡は室内で使用されることを前提としているため、風雨や紫外線などの耐候性の向上が課題だった。しかし、社内に蓄積していた鏡の腐食防止処理技術をブラッシュアップし、建材試験センターでの試験を経て、業界初となるアブダビ首長国への1,300枚のミラーの納入を果たす。更なる技術改良を重ね、他国への納入に向けた挑戦を続けている。まさに一中小企業の枠を超 えた壮大な新分野進出だ。
 顧客にとっての本当の価値とは、「不」(不満、不信…)を解決すること、と社長は言う。ガラス加工における業界NO.1と、100年企業を目指す同社の挑戦から今後も目が離せない。


海外有名ブランドのショーケース

ガラス板の接着作業を行う職人

アブダビ首長国に1,300枚のミラーを納入

喜びの声

3度目の挑戦で初受賞

 この賞は3度目の挑戦での受賞。今期の事業発展計画の中にも受賞を大きな目標としていた。受賞の裏には、社員や家族をはじめとする多くの方々の支援があり、改めて感謝するとともに、受賞の重みを感じて今後一層、事業の“進化”のために挑戦していきたい。
 今回の応募にあたり、自社の強みを再発見することができた。これからはさらに挑戦を“継続”し、“深堀り”していくことで自社の価値を上げ、この分野でのNo.1企業に近づけたい。また、自らに課した「20年ビジョン」を実行に移していくことで、大きな夢を持って社員の「育成」・「教育」を図り、お互いが成長できる会社にしていきたいと考える。

 (株式会社西尾硝子鏡工業所/西尾 智之 社長)

お問い合わせ
東京商工会議所 中小企業部03-3283-7644