歴代の受賞企業紹介

勇気ある経営大賞

ファイナリスト:株式会社フォティーンフォティ技術研究所|第8回選考結果

代表取締役
鵜飼 裕司
所在地
東京都新宿区
資本金
7,700万円
従業員数
19名(パート・アルバイト除く)
創業
平成19年
事業の概要
コンピュータセキュリティの研究・開発

企業紹介

セキュリティソフトの仕組み

創業者は、米国のセキュリティソフト会社で研究開発に従事していた経歴を持つ。帰国後同社を設立、国産初のウィルスソフトの開発に挑戦した。もともとウィルス対策ソフトの市場は、トレンドマイクロを始めとする海外勢の牙城であり、国産のウィルス対策ソフトは存在していなかった。従って、事業そのものが大きなリスクを伴う、業界の常識の打破であり、「勇気」なくしては創業及び事業の継続は困難である。
さらに、同社が開発に成功した技術にも画期的な特徴を有している。それは、パターンファイルに依存せず、未知のウィルスでも検出可能な点である。従来型ソフトは、既知のウィルスをパターンファイルに予め登録し、登録されたウィルスの攻撃にのみ防御するため、未知のウィルスの攻撃に対しては、なす術がない。つまり、指名手配リストに載った犯人は逮捕できるが、顔の知られていない者が犯行に及ぼうとしていても逮捕できない。一方で、同社のソフトは指名手配リストに載っていない者でも、今まさに犯行に及ぼうとすれば即逮捕できるということだ。
海外勢の寡占状態にある障壁の高い市場に打って出た勇気もさることながら、製品自体の革新性・優位性も極めて高い評価を受け、行政などからも開発依頼が来るようになり、事業として安定軌道に乗り始めたところである。国産ウィルス対策ソフトのオンリーワン企業として、今後の成長が期待できる企業だ。

セキュリティソフトのパッケージ

お問い合わせ
東京商工会議所 中小企業部03-3283-7644