歴代の受賞企業紹介

勇気ある経営大賞

特別賞:有限会社原田左官工業所|第6回選考結果

代表取締役
原田 宗亮 (はらだ むねあき)
所在地
東京都文京区
資本金
4,800万円
従業員数
32名
創業
昭和24年
事業の概要
商業施設の内装工事を得意領域とする左官工事のほか、湿式工事(タイル貼り・組積・防水・吹付)全般を手がける。現在の売上構成は、店舗関連が85%、残り15%が住宅関連。オリジナル漆喰(しっくい)「フルーフレ」の開発を機に、住宅分野への本格参入を図る。

授賞理由

  • 独自の材料を用いて、機能性も高く、デザイン性が優れているオリジナル商品を多数生み出している。塗り板サンプルや紙カタログを常備、本社をショウルーム化し、本業界では稀な提案型の営業体制を確立したこと。
  • ベテラン職人からの技能伝承に腐心するとともに、職能レベルの体系化などによる女性職人や若者の育成、出退勤・業務管理等へのIT活用などの新たな経営手法を導入、定着させることで、社員の能力を最大限に引き出し、満足度を高めていること。

企業紹介

活躍する女性職人
活躍する女性職人

昭和24年創業の老舗左官業。下請け体質が根深く、職人気質の一人親方が幅を利かせるこの業界にあって、34 歳の3 代目社長は、ベテランから若手への技能の伝承に腐心しつつ、現代に通用する経営改革に取り組む。
わが国の高温多湿の気候には漆喰が最適であるとの信念から、伝統的な住まい方の提案を行うべく、社長をはじめ若手職人たちが、本社の研究スペースに集まり、オリジナル漆喰の研究を続けた。その結果、シックハウス対策に効果が認められた「フルーフレ」(商品名)が完成、度重なる試験データ等の提供などにより、大手ハウスメーカーの採用にこぎつけ、現在では月平均2 棟の受注を得ることとなった。
また、先代社長(現会長、実父)時代に育成を始めた女性職人(左官工、タイル工)は、人事労務制度や組織風土の改善等により、現在では6 名と職人全体の約2 割を占めるまでに。同時に、若者の育成にも熱心で、技能大学生・美術大学生を対象とするインターンシップの活用やホームページの充実が採用に寄与しているほか、職能レベルの体系化により暗黙知に頼りがちな従来の徒弟関係からの脱皮を目指している。
女性職人の一人が今年11 月に第2 子を出産予定。前回(第1子出産時)同様、育児休業明けの現場復帰を、社員はもちろん取引先も心待ちにしている。

オリジナル商品を陳列する本社ショウルーム

オリジナル商品を陳列する本社ショウルーム

ショウルーム写真
お問い合わせ
東京商工会議所 中小企業部03-3283-7644