歴代の受賞企業紹介

勇気ある経営大賞

優秀賞:株式会社浜野製作所|第5回選考結果

代表取締役
浜野 慶一 (はまの けいいち)
所在地
東京都墨田区
資本金
1,000万円
従業員数
30名
創業
昭和53年
事業の概要
レーザー加工・金型・精密板金・プレス加工を手がける。少量多品種生産の精密試作品から量産プレス加工品まで対応した工場と最新設備を所有している。半導体関連、医療機器、精密測定機器関連、コネクター部品等幅広い分野の企業に対し、産業関連部品・機械設備部品の加工・製作を行っている。また、産学官連携を中心としたデザイナーズ商品、発明・アイデア商品、健康促進器具等、いわゆる消費者向けの商品の製品化の企画・相談も行っている。

授賞理由

  • まさに東京らしい、東京ならではのものづくりを実践している企業。
  • 工場の全焼という存亡の危機を乗り越え、その後6年で売上高を10倍に伸ばす。また、産学官連携をうまく活用し、インターネット受注のシステムを構築。その結果取引先を5社から約350社に増やすことができた。

企業紹介

レーザー加工機
レーザー加工機
作業風景
作業風景

先代の急逝により同社を引き継ぐが、量産型から試作品づくりに脱皮した現在の経営スタイルは現社長が築きあげたものである。「ものづくり企業」として高精度で高品質の製品の加工・製作を常に心がけながら、お客様が何を求めるのかを一歩先で考える努力を怠らず、満足してもらえる提案を心がけている。試作品等の短納期は睡眠時間を削ってでもやるという根性の経営とその一方で早稲田大学、一橋大学、墨田区との産学官連携、ITの活用など、近代的な経営により大きく業績を伸ばしている。

また、工場がもらい火事にあったあとの素早く適切な対応が、経営者としての能力と適性を示している。下町の工場とは思えないカラフルでデザイン性の高い建物、行き届いた社員教育、女性技術者をリーダーにしているなど風通しの良い社風が窺える。そして、「美しい地球を次の世代へ」という環境方針を明確に打ち出し、基本理念と基本指針を掲げている点も、地域との共生が求められる「下町の町工場」に必要なことである。更に、工場には各種名言・格言が張り出されており、社員との意識の共有化も図られている。社長のリーダーシップと何でもやるというチャレンジ精神を高く評価したい。

お問い合わせ
東京商工会議所 中小企業部03-3283-7644