歴代の受賞企業紹介

勇気ある経営大賞

優秀賞:株式会社松崎マトリクステクノ|第4回選考結果

代表取締役社長
松崎 八十雄 (まつざき やそお)
所在地
東京都板橋区
資本金
1,000万円
従業員数
17名
創業
昭和17年
事業の概要
ニット丸編機の糸切替え装置の開発・製造を手掛けている。ニット丸編機に取り付けられる糸切替え装置は、多種な糸を自動的に組んで切替えることにより、縞柄(ボーダー)などの多彩な生地を編むことが可能となるため、靴下や手袋をはじめとしたあらゆるニット製品やファッション性の高い生地の生産に不可欠である。また、糸切替えに関する技術を生かして、医療用やエステ・美容用など様々なタイプのサポーター類の企画・製造も手掛けている。

授賞理由

  • 経営危機をきっかけとして、全社的な委員会活動をはじめとした全社員を経営に巻き込む仕組みを構築し、製品開発力の向上や組織体制の強化に成功。

企業紹介

創業当初からニット丸編機の製造を手掛けていたものの、繊維産業の生産拠点の海外シフトやバブル経済の崩壊、主要取引先の経営破たんにより、約10年前に経営危機に直面した。金融機関からの資金調達もままならない中、会社の再建に向けて様々な社内改革を断行した。それまで主力であった丸編機の製造から撤退し、コア技術である糸切替え装置に特化するとともに、安定した収益が見込めるサポーターなどの繊維事業を強化した。

また、会社の再建に効を奏し、現在でも同社の強みとなっているのが全社的な委員会活動である。パート社員も含めた全社員で定期的に議論をし、開発の知恵を出し合った結果、独自の選針機構が考案され、6色の縞柄(ボーダー)生地の生産が可能な糸切替え装置の開発に成功した。

また、毎日、社員が書いた日報に全役員が目を通し、コメントを付して返却していることが、社員のモチベーションの向上に寄与しているほか、優先度の高い対応事項について効率良く検討が行えるなど、経営戦略策定の面でも貢献している。こうした社内活動は、製品開発力の向上のみならず組織体制の強化にも成果を上げている。

中小企業の手本ともいうべき社内活動の実践を通じて、自社ブランドの確立とともに、現在では世界に向けて製品を供給している。

お問い合わせ
東京商工会議所 中小企業部03-3283-7644