人材 アイコン画像
人材採用・育成

研修プログラム|福祉住環境コーディネーター検定試験®

研修プログラム|福祉住環境コーディネーター検定試験®

受講料・学習期間・教材構成

標準学習期間
(添削可能期間※1
受講料※2 ※3
(税込)
教材構成
1級コース
6ヵ月 (12ヵ月)
66,960円
1級公式テキスト、ケーススタディ「高齢者のための住環境整備」、ポケット問題集1冊、「マークシート式」試験対策課題&解答・解説4回分、質問カード4回分、「記述式」試験対策練習問題&解答・解説1冊、「記述式」試験対策課題1冊、1級検定試験過去問題2回分(「マークシート式」試験問題のみ)、学習ガイドブック
  • 福祉住環境コーディネーター検定試験1級公式テキスト
  • ポケット版福祉住環境コーディネーター、ポイントチェック問題集1級
  • 福祉住環境コーディネーター検定1級通信教育課題集
2級コース
5ヵ月 (12ヵ月)
45,360円
2級公式テキスト、添削課題&解答・解説4回分、2級検定試験過去問題2回分、質問カード4回分、学習ガイドブック、他副教材
3級コース
3ヵ月 (6ヵ月)
21,600円
3級公式テキスト、添削課題&解答・解説3回分、3級検定試験過去問題2回分、質問カード3回分、学習ガイドブック、他副教材
※1
添削可能期間とは、標準学習期間内に受講が終わらなかった方のために、添削可能期間内であれば課題の添削を承るシステムです。
※2
教材のセット内容によって受講料が変わります。東京商工会議所発行のテキスト等を既にお持ちの場合は受講料が割安になります。テキスト等不要時の受講料は申込フォームをご確認ください。
※3
福祉住環境コーディネーター協会会員の皆様へ
「福祉住環境コーディネーター協会」会員の方が1級講座を受講される場合は割引特典がございます。協会のホームページをご覧いただき、会員『専用申込書』を用いて申し込みください。

福祉住環境コーディネーター協会ホームページ
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-1 丸の内二丁目ビル3F
TEL:03-3283-7480
FAX:03-3283-7488

本通信講座の特長

  • 東京商工会議所発行の公式テキストをはじめ、多様な副教材で合格をサポートします。
  • 提出された課題に対する添削アドバイスや成績表、解答解説で苦手分野を確認し、克服できます。
  • 不明な点や疑問点は「質問カード」でご質問ください。丁寧に回答いたします。
  • お申し込みが確認でき次第、随時開講しています。
    2~4月のお申し込みは、テキスト更新のため開講をお待ちいただく場合がございます。
  • 【お知らせ】1・2・3級の公式テキストが2016年2月に改訂され、本講座で使用している公式テキストは「改訂4版」になります。
    「公式テキスト不要」で申し込まれる方は、お手持ちのテキストで「改訂4版」であることをお確かめください。
    詳細については通信講座事務局までご連絡ください。TEL:03-3370-2944
  • 1級コース・2級コースは「教育訓練給付制度」の指定を受けています。
    <教育訓練給付制度の申請について>
    教育訓練給付制度利用ご希望の方は、受講申込の際に、「教育訓練給付制度」利用希望の旨、明記してください。
    お申し込み時に「申請する」旨のお申し出がない場合は、本制度をご利用になれませんのでご注意ください。
    本制度利用のお申し出をされた方は、修了認定条件を満たしますと、当該通信講座修了後に本制度の申請用書類を送付いたします。
    受講修了日の翌日から起算して1ヶ月以内に支給申請手続きを行ってください。
    ※明示書 1級コース 2級コース
    ※教育訓練給付制度の詳細については、お近くのハローワークにお問い合わせください。

福祉住環境コーディネーター検定試験®公式通信講座のお申し込み方法

  1. お申し込み方法
    下記お申込みフォームよりお手続きいただけます。
  2. 受講料のお振り込み先
    振込先
    口座番号
    口座名
    みずほ銀行
    東京中央支店
    (普通)260063
    東京商工会議所
    ゆうちょ銀行
    00110-3-16791
    東京商工会議所
    払込取扱票の「通信欄」に、申し込まれる級の記入をお願い致します。
    (例)福住通信1級
  3. お問い合わせ先

    東京商工会議所 研修センター 福祉住環境コーディネーター 通信講座事務局
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-1
    TEL:03-3370-2944 FAX:03-3201-0507

    tsushin@scii.co.jp

    本講座を受講中の方は、お問い合わせの際、受講生番号を担当者にお伝えください。
    受講生番号は教材に添付されたハガキサイズの受講生証(黄色)に記載されています。

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターとは

高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。

2級・3級は、どなたでも受験できます。1級は、2級合格が受験資格となっています。10代から80代まで、過去に約138万人が受験しています(2016年度3月現在)。


検定試験、各級の基準

1級

新築や住宅改修の具体的なプランニングができる。また、社会福祉施設までも視野に入れた住環境整備に係わる知識・技能を有し、安全で快適なまちづくりへの参画など、福祉のまちづくりにも積極的に助言できるような技量と調整力を有している。

対象…行政の都市整備担当者、大規模な福祉施設の企画・設計に携わる方

2級

福祉住環境に関するさまざまな問題を抽出でき、クライアントのニーズ、経済状況、福祉制度、建築による対応、福祉用具による対応等を総合的に勘案し、各専門職と連携し最適な解決策を提案できるだけの知識・技能を有している。

対象…ケアマネジャーや福祉用具専門相談員、介護福祉士、作業療法士、理学療法士、建築士など、専門分野+αの知識を身に付けたい方

3級

子供から高齢者にわたる全世代を対象に、生活者の視点から地域コミュニティ・まちづくりを含んだ「福祉住環境整備の基礎知識」を理解している。

対象…不動産、工務店等の営業担当者、介護職員初任者研修修了者、在宅介護のための「バリアフリーリフォーム」を検討している方