経営改善計画策定支援事業

  • TOP
  • >
  • 経営改善計画策定支援事業/早期経営改善計画策定支援事業とは

早期経営改善計画策定事業とは

中小企業・小規模事業者の経営改善への意識を高め、平常時から資金繰り管理や採算管理が行えるよう、認定支援機関による経営改善計画策定支援事業のスキームを活用し、基本的な内容の経営改善(早期経営改善計画の策定)に取組むことにより早期の経営改善の支援を行います。

<事業概要>
本事業は、基本的な内容の経営改善の取組みを必要とする中小企業・小規模事業者を対象として、認定支援機関が資金実績・計画表やビジネスモデル俯瞰図といった内容の経営改善計画の策定を支援し、計画を金融機関に提出することを端緒にして自己の経営を見直し、早期の経営改善を促すものです。
中小企業・小規模事業者が認定支援機関に対し負担する早期経営改善計画策定支援に要する計画策定費用及びフォローアップ費用について、経営改善支援センターが、3分の2(上限20万円)を負担します。

<特徴>
・条件変更等の金融支援を必要としない、簡潔な計画です。
・計画策定から1年後、フォローアップで進捗を確認できます。
・計画を策定することで自社の状況を客観的に把握できます。
・必要に応じて本格的な経営改善や事業再生の支援策をご紹介します。

<こんな方にお勧めです>
☆ここのところ、資金繰りが不安定だ
☆よくわからないが売上げが減少している
☆自社の状況を客観的に把握したい
☆専門家等から経営に関するアドバイスが欲しい
☆経営改善の進捗についてフォローアップをお願いしたい

<参考資料>
早期経営改善計画(サンプル)
ローカルベンチマーク(経済産業省内紹介ページ)

経営改善計画策定支援事業とはのイメージ

ページの先頭に戻る

Copyright © 2013 The Tokyo Chamber of Commerce and Industry All right reserved.