業務効率化や生産性向上に役立つITサービス・ツールをご紹介しています

ITサービス発見ナビ

 中小企業・小規模事業者にフィットした「ITサービス・ツール」について、「業種」・「機能」・「価格」などの条件により検索することができ、貴社の経営課題の解決に役立つIT活用をきめ細かくサポートします。

■ ITサービス・ツールを探している方
  以下の一覧をご覧になり、直接、企業にご連絡ください。

■ 掲載申し込みしたい企業
  以下の「掲載申し込みページ」に遷移して利用規約をご確認の上ご登録をお願いします。
  ・本サイトへの掲載は東京商工会議所及び各地商工会議所の会員企業を対象とする予定です。
   掲載は無料です。
  (非会員企業で掲載を希望される場合は、下記事務局までお問合せください。)

東京商工会議所 中小企業部
03(3283)7624

1件中1件表示

  • 【会社名】freee株式会社
  • 【一押しポイント】
    freee受発注は、バックオフィスのデジタル化をサポートして、見積・発注・請求の3つの業務を効率化する完全無料サービスです。
    これまでの紙やPDFの作成・転記作業も一切不要になり、受発注業務の効率化が可能です。受発注者双方の利用で、連絡のやりとりもクラウド上でスムーズに行うことができ、電子帳簿保存法や下請法にも対応しています。
  • 【概要】
    ▶freee受発注は 完全無料・無制限 でご利用可能です
    freee会計、freee人事労務アカウントをお持ちでない方もご利用いただけます。※freeeアカウントの登録は必須になります。
    ▶下請法対応の書類を自動作成
    発注者と受注者の双方がfreee受発注を利用することで、クラウド上でやりとりを行うことが可能です。見積書・発注書・請求書等は全て自動作成され、自動作成された書類は全て下請法に対応しているので安心です。
    ▶発注者自身でのセルフ利用も可能
    取引先がfreee受発注をご利用でない場合でも、発注者自身が発注・請求をシステム上で一元管理することができます。
    ▶作成した書類をクラウド上で共有・承認
    作成された書類を取引先にクラウド上でカンタンに共有し、取引先はそれをワンクリックで承認できます。
    ▶作成した書類をPDF保存
    請求書・見積書・発注書・発注証書の各種書類はPDFダウンロードが可能です。
    ▶電子帳簿保存法にも対応
    freee受発注で受発注管理を一貫して行うことで、本サービスで受発注書類のやりとりが全て記録され、2020年10月に改正された電子帳簿保存法において紙の原本が不要となります。
    ▶freee会計への連携
    請求合意後に、依頼内容や請求書のデータをfreee会計に連携することができます。依頼内容は、freee会計の「取引」として登録することができます。請求書は、freee会計の「ファイルボックス」に保存することができます。
    ▶受発注案件のステータス管理
    [発注一覧][受注一覧]からは受発注した案件のステータスを管理することができます。請求書の回収漏れや発注漏れを防ぐことが可能です。CSVファイルにエクスポートすることもできます。

    詳細はこちら ⇒ https://www.freee.co.jp/deals/?utm_source=tokyo-cci&utm_medium=referral&utm_campaign=202203
  • 【販売価格】完全無料
  • 【販売実勢価格】完全無料