INTERVIEW

職員紹介

産業政策第一部

干川 貴将 ほしかわ たかまさ

入所年次:2014(平成26)年
卒業学部:商学部卒

1日の主な仕事の内容
メール・電話対応/政党会議の傍聴/会議について上長へ報告/各地商工会議所向けの資料作成/会議報告資料の作成/明日の予定確認など
産業政策第一部 干川 貴将

東京商工会議所に入所した理由

大学時代の授業で、中小企業の社長にインタビューをした経験や、日本経済が停滞している現状を学んだ経験から、企業や地域社会の発展に貢献できると感じたため入所いたしました。

東商で働く魅力

入社したばかりの時は、何かと気にかけてもらえる場面が多く、色々な先輩方が話かけてくれるので、すぐに職場に馴染むことができたことを覚えています。働き方という面では、部署ごとの人数は多くはないので、若手の時から任される仕事の裁量が大きいと感じています。様々な場面で、自分の意見やを考えを尊重してもらえます。その分、プレッシャーを感じる時もありますが、しっかりとフォローもしてもらえます。

みなさんへメッセージ

イメージや企業規模などではなく、「自分が仕事として何をやりたいのか」ということを具体的に考えることが大事だと思います。そのためには、自分から行動して、様々な業界や働き方などを数多く見ていくことが必要だと思います。就職活動の中では、思うようにいかず苦労することもあるかと思いますが、後悔のない選択をするためにも頑張ってください。

年間仕事量のボリューム感