経営に役立つフレームワーク

第5回 オズボーンのチェックリスト

平成25年10月18日

事業の分析や戦略づくりに役立つ代表的なフレームワークを紹介します。(全7回)

 思いもよらぬ発想を、自然と考えつくはずがありません。斬新なアイデアは勝手にわいてくるものでもありません。短時間に大量のアイデアを創出するためには、フレームワークなどを利用して、テーマから半ば強制的にアイデアを生み出すことが有効です。フレームワークを使う発想法なら、誰でもかんたんにアイデアを生み出すことができます。
 アイデア発想法として有名なものにオズボーンのチェックリスト法というものがあります。これは、ブレーンストーミングの考案者として、また米国大手広告会社BBDOの会長としても知られるアレックス・F・オズボーンが考案した発想法です。チェックリスト法は、あらかじめ準備したチェックリストの質問に答えることで自然にアイデアを拡張したり、異なる視点から発想したりする方法です。非常にシンプルな視点ではありますが、アイデアに詰まったときのヒントになるはずです。

 チェックリスト法では、次のような9つの質問が用意されています。

1.転用…他に使い道がないか?
2.応用…他からアイデアが借りられないか?
3.変更…変えてみたらどうか?
4.拡大…大きくしてみたらどうか?
5.縮小…小さくしてみたらどうか?
6.代用…他のもので代用できないか?
7.置換…入れ替えてみたらどうか?
8.逆転…逆にしてみたらどうか?
9.結合…組み合わせてみたらどうか?


 自分の考えているテーマや問題をこれら9つの質問に照らし合わせて考えてみましょう。いきなり、「答え」を見つける必要はないのです。質問から発想できるものをどんどん記録していきます。選別はその後じっくりやればよいのです。
 例えば、「応用」の具体例としては自然界のノウハウを製品に応用したケースなどがあります。目の見えないコウモリが障害物を避ける仕組みを応用してレーダーが生まれ、蓮の葉が水をはじく仕組みを応用してレインコートが生まれました。自然の仕組みはエコロジーで、エネルギー効率も良いので、最近は扇風機や炊飯器などさまざまな家電製品で利用されています。
 また、「逆転」の具体例としては、中古車販売から買取に転換したガリバー、昼間ではなく夜の生態系を見せるシンガポールのナイト・サファリ、低価格の生鮮食料品をあえて高く売って話題をさらった雪国もやし、などがあります。
 どうでしょうか?これなら、自然と面白いアイデアも出てきそうです。ぜひ、自社商品やサービスに当てはめて考えてみてください。
 オズボーンのチェックリスト法をさらに発展させたフレームワークもたくさんあります。例えば、チェックリスト法をボブ・イバールという人が改良したSCAMPERという7つの質問リストもあります。7つは、「換える」「結びつける」「適応させる」「修正する」「他の目的に使用する」「除く」「並べ替える」です。使い方はオズボーンのチェックリスト法と同じです。
 こうした発想リストはアイデアに詰まったり、袋小路に入ったりしたときに、リストを眺めながら思いもよらぬ発想を得るために、1つのトピックや商品企画をこねくりまわすためのものです。リストに沿って思考することで、業界の常識、先入観、当たり前と思っていたことをいったん取り除いて、いろんな角度から発展させることができます。
 画期的なアイデアを生み出す障害は、固定観念や既存の商慣習です。そうしたものから解放され、自由な発想をするためにも、ぜひ、こうした発想のフレームワークを使ってみることをおすすめします。

(知的生産研究家、株式会社ショーケース・ティービー 取締役COO 永田 豊志)


執筆者
知的生産研究家、株式会社ショーケース・ティービー 取締役COO 永田 豊志

掲載:東商新聞 2013年1月20日号




入会のご案内

2016年10月入所 社会人採用のご案内

東商 社長ネット

東商プロモーションムービー

中小企業向けBCPマニュアル

声かけ・サポート運動

ザ・ビジネスモール

「売りたい!」「買いたい!」を無料でPR。商品やサービスを登録して、販路開拓に!

ザ・ビジネスモールへ

福利厚生制度の充実

宿泊・レジャー等20,000以上のメニューを割引!

CLUB CCIへ

共済

医療・がん・労災などスケールメリットを活かした割引料金で大きな保障・ワイドな安心

共済へ

各種証明の発行

原産地証明、インボイス証明、サイン証明など各種証明を発行しています。

各種証明の発行

蓼科フォーラム

研修・会議・リゾート施設。爽やかな環境の中、豊かな発想力と人間力を育めます。

共済へ

女性会

施策・支援情報 都・区など中小企業のお知らせ