東商 地域の宝ネット 旅行者が東京を訪れた際に、東京独自の価値を体験するには、まずは「東京の日常」を知ることです。これら日常に根差した人・モノ・コト・街の魅力を「地域の宝」として捉え、地域密着の東京商工会議所ならではの視点でご紹介いたします。

都立尾久の原公園

地域による新しい文化の発信 自然・公園・スポーツイベント

  • 芝生広場

    芝生広場

  • 桜並木

    桜並木

尾久の原公園は、旭電化工業尾久工場跡地を整備した公園です。
都内にありながら自然を満喫できるスポットとして、近隣の区民をはじめ多くの方で賑わっています。園内には遊具や夏になると利用できるジャブジャブ池といった子供が楽しめる設備に加え、広いはらっぱや芝生の広場、30種類近くのトンボが生息し、整備された木道から観察ができるトンボ池などがあります。
また荒川区の木である桜が園内と周辺に約200本植栽されており、毎年4月に「シダレザクラ祭り」を開催するなど、近隣で有名な春の花見スポットとなっています。冬には鳥類の飛来もあり、四季を通じて楽しめる公園となっています。

ご案内

住所 荒川区東尾久七丁目1番
交通アクセス 日暮里・舎人ライナー、都電荒川線「熊野前」徒歩約8分
電話 03-3819-8838(尾久の原公園サービスセンター)
Webサイト https://tokyo-eastpark.com/ogunohara/