東商 地域の宝ネット 旅行者が東京を訪れた際に、東京独自の価値を体験するには、まずは「東京の日常」を知ることです。これら日常に根差した人・モノ・コト・街の魅力を「地域の宝」として捉え、地域密着の東京商工会議所ならではの視点でご紹介いたします。

23区唯一の大規模カタクリ群生地「清水山の森」

自然・公園・スポーツイベント

  • 写真提供:ねりま観光センター

    写真提供:ねりま観光センター

  • 写真提供:ねりま観光センター

    写真提供:ねりま観光センター

白子川流域の斜面林に「カタクリが自生している」と、1974年6月に地域の方から情報が寄せられました。翌春に群生するカタクリを練馬区が確認し、この貴重な自然を長く保全しようと、1976年に「清水山憩いの森」として整備されました。
 その後、2017年3月に23区唯一の大規模なカタクリ群生地である「清水山の森」の貴重な自然を確実に未来につなげるため、さらにカタクリが自生しやすい環境に整備されました。整備にあたっては、人工物をできるだけ作らず、自然を残した公園づくりとなっています。
 カタクリの群生地はカタクリ保護のため、閉鎖期間を設けており、カタクリの開花期のみ午前9時から午後5時に開放します。開放時にはカタクリガイドが常駐しており、カタクリについての説明をいたします。

ご案内

補足情報 例年、花の見ごろは3月下旬から4月上旬までです。
住所 練馬区大泉町1-6
交通アクセス 土支田2丁目バス停から徒歩3分
電話 03-3904-7557
Webサイト https://www.city.nerima.tokyo.jp/kankomoyoshi/annai/fukei/park/shimizuchizu.html