東商 地域の宝ネット 旅行者が東京を訪れた際に、東京独自の価値を体験するには、まずは「東京の日常」を知ることです。これら日常に根差した人・モノ・コト・街の魅力を「地域の宝」として捉え、地域密着の東京商工会議所ならではの視点でご紹介いたします。

帝国劇場

歴史遺産・文化・芸術

  • 日比谷通りから見た外観

    日比谷通りから見た外観

帝国劇場は、明治期の「欧化改良」の気風の中で、当時の首相である伊藤博文による発議を皮切りに、渋沢栄一ら実業家や文化人が発起人となり設立された日本初の西洋式演劇劇場で、1911年(明治44年)に開館されました。

同劇場は、民衆文化であった「芝居」を、諸外国に恥じない「舞台芸術」へと高める発信拠点となり、またチケット前売りによる指定席制度、場内での飲食・喫煙禁止といった現代の劇場では常識となっているサービスを広め、演劇興行の近代化に大きく貢献しました。

開館よりオペラ・バレエ・シェイクスピア劇といった西洋舞台芸術や、六代目尾上梅幸や七代目松本幸四郎など人気俳優を専属としての歌舞伎などを上演し、大正時代には「今日は帝劇、明日は三越」といった文句にみられるように当時の流行の象徴ともなりました。

現在の帝国劇場は、関東大震災や太平洋戦争による閉鎖、洋画劇場への経営転換等を経て、1966年(昭和41年)に複合型ビルディングとして新装された建物で、今なおオペラ・ミュージカルなど舞台芸術の中心地となっています。

ご案内

住所 千代田区丸の内3-1-1
交通アクセス JR「有楽町駅」国際フォーラム口下車 徒歩3分
電話 03-3213-2050
Webサイト http://www.tohostage.com/teigeki/index.php