東商 地域の宝ネット 旅行者が東京を訪れた際に、東京独自の価値を体験するには、まずは「東京の日常」を知ることです。これら日常に根差した人・モノ・コト・街の魅力を「地域の宝」として捉え、地域密着の東京商工会議所ならではの視点でご紹介いたします。

日本民藝館

歴史遺産・文化・芸術

  • 日本民藝館 本館

    日本民藝館 本館

  • 本館1階・正面玄関

    本館1階・正面玄関

<日本民藝館について>
日本民藝館は、「民藝」という新しい美の概念の普及と「美の生活化」を目指す民藝運動の本拠として、1926年に思想家の柳宗悦(やなぎ むねよし)などにより企画され、1936年に開設されました。初代館長には柳宗悦が就任しました。現在は、登録博物館として公益財団法人日本民芸館が運営しており、「民藝品の蒐集や保管」「民藝に関する調査研究」「民藝思想の普及」「展覧会」などの活動を行っています。
日本民藝館には、柳宗悦により集められた陶磁器・染織品・木漆工品・絵画・金工品・石工品・編組品など、日本をはじめ諸外国の新古工芸品約1万7千点が収蔵されており、特色ある蒐集品は国内外で高い評価を受けています。
<柳宗悦について>
日本を代表する思想家・柳宗悦は、1889年に現在の東京都港区で生まれました。宗教哲学や西洋近代美術などに深い関心を持っており、1910年には文芸雑誌『白樺』の創刊に参加しました。1913年に東京帝国大学哲学科を卒業した後、朝鮮陶磁器の美しさに魅かれた柳は民族固有の美に目を向けるようになります。また、無名の職人が作る民衆の日常品に美を見出し、河井寛次郎や濱田庄司と「民藝」という言葉を造り民藝運動を始動しました。1936年に日本民藝館が開館されるとそこを拠点に1961年に生涯を閉じるまで、展覧会、各地への工芸調査、執筆活動などを積極的に展開しました。1957年には文化功労者に選ばれました。

ご案内

住所 目黒区駒場4-3-33
交通アクセス ・京王井の頭線「駒場東大前駅」西口から徒歩7分
・小田急線「東北沢駅」東口から徒歩15分
電話 03-3467-4527
Webサイト http://www.mingeikan.or.jp/