東商 地域の宝ネット 旅行者が東京を訪れた際に、東京独自の価値を体験するには、まずは「東京の日常」を知ることです。これら日常に根差した人・モノ・コト・街の魅力を「地域の宝」として捉え、地域密着の東京商工会議所ならではの視点でご紹介いたします。

すみだ北斎美術館

地域による新しい文化の発信 歴史遺産・文化・芸術 近代的な街並み(高層ビル群等)

「富嶽三十六景」で知られる世界に名高い浮世絵師である「葛飾北斎」は、現在の墨田区に生まれ、90回以上も引っ越しをしたといわれています。生涯のほとんどを墨田区で過ごしたと言われており、両国橋や三囲神社、牛嶋神社など、墨田の姿を描いた作品でも広く知られています。葛飾北斎の「葛飾」は、出生地である「すみだ」を含む地域が、武蔵国葛飾郡であったことから名乗ったといわれます。

すみだ北斎美術館は、葛飾北斎生誕の地である本所割下水付近(現在の墨田区亀沢付近)に、2016年に開館しました。当館では、ピーター・モース コレクションや故楢崎宗重コレクションを始め、状態が良く質の良い作品を収集・展示しているほか、年間を通し、ユニークな企画展が開催されています。

また、当館の建物も斬新なデザインで必見の価値があります。当館の設計は、プリツカー賞受賞建築家の妹島和世氏によるもので、東京都より※ユニークベニューにも選定されています。


開館時間  9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日   毎週月曜日(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌平日)、
       年末年始
常設展   1.一般  400円(団体320円)
       2.高校生、大学生、専門学校生、65歳以上 300円(団体240円)
       (高校生・大学生・専門学校生の方は生徒手帳・学生証を、65歳以上の
        方は年齢を証明するものの提示が必要です)

※ユニークベニュー・・・会議やイベント、レセプション等を特別感を演出しながら開催できる会場(歴史的建造物や美術館等)のこと。

ご案内

住所 東京都墨田区亀沢2丁目7番2号
交通アクセス ・都営地下鉄大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩5分
・JR総武線「両国駅」東口より徒歩9分
・都営バス・墨田区内循環バス「都営両国駅前」より徒歩5分
・墨田区内循環バス「すみだ北斎美術館前(津軽家上屋敷跡)停留所」からすぐ
電話 03-5777-8600
Webサイト http://hokusai-museum.jp/