東商 地域の宝ネット 旅行者が東京を訪れた際に、東京独自の価値を体験するには、まずは「東京の日常」を知ることです。これら日常に根差した人・モノ・コト・街の魅力を「地域の宝」として捉え、地域密着の東京商工会議所ならではの視点でご紹介いたします。

ちゅうしんぐら~あだうちごせんがくじへのどうちゅう、あこうろうししゅうえんのち~

忠臣蔵~仇討後泉岳寺への道中、赤穂浪士終焉の地~

歴史遺産・文化・芸術

元禄15年(1702年)12月14日、旧赤穂藩士47名は本所吉良邸に討入り、主君浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の無念を晴らした後、その報告に浅野内匠頭が眠る泉岳寺へ向かいました。仇討後泉岳寺への道中及び赤穂浪士終焉の地の史跡を紹介します。


【仇討後泉岳寺への道中】
赤穂浪士の内2名は仙石伯耆守邸(現在の消防会館)へ討ち入り口上書を届けますが、その際両名が足を洗って座敷に上がり粥のもてなしを受けたとされる井戸が残っています。(写真1)。
仙台藩上屋敷表門(現在の日本テレビ)では門番が呼び止めるも、仇討を成し遂げた赤穂浪士と知ると無事通したとされます(写真2)。


【赤穂浪士終焉の地】
泉岳寺(写真3)にある墓前への報告を済ませた後、赤穂浪士は自首し、細川、毛利、松平、水野の四家へ預けられ後日切腹することになります。その4か所全てが港区内にあります。
翌元禄16年(1703年)2月4日、大石良雄(大石内蔵助)ほか16人が切腹した細川家の下屋敷(現在の都営高輪アパート内:写真4)。同日、大石主税(良金)ら10名が切腹した三田の伊代松山藩中屋敷(現イタリア大使館:写真5)。9名が切腹した三河岡崎藩主・水野家の中屋敷(現在の慶応仲通から田町駅に向かう商店街:写真6)。10名が切腹した毛利甲斐守邸跡(現在の六本木ヒルズ内の毛利庭園)。
最後に、浅野内匠頭が切腹した田村右京大夫建頭邸(現在の新橋4丁目)があった地で営業する新正堂の切腹もなか(写真7)です。

ご案内

住所 東京都港区新橋から泉岳寺
交通アクセス 虎の門駅、新橋駅、御成門駅、泉岳寺駅、白金高輪駅