相談 アイコン画像
経営相談

経営革新支援 | 承認を受けるメリット

経営革新支援 | 承認を受けるメリット

自社の状況や直面する課題を明確化し、それを克服するための取組みに数値目標を設定した経営計画書を作成することで、「計画を立てて、実行し、その評価に基づき改善を行う」という「事業運営サイクル」を管理することができるようになります。

経営計画について金融機関や取引先、公的機関等の理解を促すことで、支援や協力の可能性を広げることができます。

経営革新計画の承認を受けると、政府系金融機関等による低利融資、信用保証協会の保証枠の拡大などにより、計画実行に向けた様々な支援策の利用申込みができるようになります。また、各種補助金申請時に加点の対象となることがあります。

主な支援策

〇 政府系金融機関による低利融資制度

〇 中小企業信用保険法の特例

〇 海外展開事業者への支援制度

〇 中小企業投資育成株式会社法の特例(投資の特例)

〇 ベンチャーファンドからの投資

〇 特許関係料金減免制度

〇 東京都、(公財)東京都中小企業振興公社の関連制度

お問い合わせ
東京商工会議所 中小企業相談センター 経営革新支援担当 03-3283-7700