品川について

品川区は、東側に東京湾があり、西側には日本一の富士山を眺めることもできる国際都市東京の「玄関」と呼ばれています。

その便利な立地のため、江戸時代から「ひと」と「もの」の交流の拠点となり、日本の文化と産業の生まれた場所として輝かしい歴史と伝統をもっています。

品川まめちしき

区内は大きく分けて、品川地区、大崎地区、荏原地区、大井地区、八潮地区の5つに分かれています。

品川区の面積は東京都の約1/100、23区全体の約1/27の広さになります。


より大きな地図で 品川区の地区 を表示

ものづくりの町

昔海だったことから続いているひととものの交流は今も続き、埋立地が増えてからは 品川にたくさんの企業ができ、品川はものづくり産業の町として成長し続けています。 

お問い合わせはこちら TEL:03-5498-6211 メール:shinagawa@tokyo-cci.or.jp

ページトップへ

メイド・イン・品川について

学校の先生 保護者の方へ

中小企業の方へ

参加企業の皆様

メイド・イン・品川

はい
いいえ