東商サミット宣言

東京商工会議所創立130周年 東商サミット宣言

平成20年3月24日

 日本が近代国家への道を歩み始めて間もない、明治11年(1878年)3月12日、日本で最初の商工会議所が東京に誕生した。

 渋沢栄一・初代会頭をはじめとする興国の気概あふれる実業人がこの舞台に集い、いまだ黎明期にあった日本経済を明日の隆盛に導かんと、志をひとつに結んだ。

 その原点にあるものは、企業と社会の絆を強くするとともに、商工業者の世論を形成して社会を変革し、経済を発展させていくことであった。

 それから百三十年。日本経済は飛躍的に発展し、東京は世界都市として目覚しい躍進を遂げた。

 しかし、今、経済のグローバル化、情報化、生活や価値観の多様化など大きな変化の波が怒涛のように押し寄せる中、我々企業人は、時代を切り拓いてきた先達の努力に思いを至し、大いなる発想の転換と、なお一層のチャレンジ精神を発揮することが求められている。

 今こそ、人も企業も地域も、渋沢栄一・初代会頭が提唱した「道徳経済合一説」の趣旨に立ち返って、それぞれの社会的責任を十分理解し、実践するとともに、英知を結集して『個』が光るイノベーションを巻き起こしていかなければならない。

 本日、東京商工会議所の役員・議員・会員は、「東商サミット130」を開催し、創立の精神に思いを馳せるとともに、新たな時代に向け行動することをここに宣言する。

行 動 指 針

  1. 我々は、企業と社会をむすぶ絆となり、世論を形成し、人・企業・地域の新たな創造を実現する
  2. 我々は、渋沢栄一・初代会頭が提唱した「道徳経済合一説」に則り、社会的責任を果たす
  3. 我々は、自ら勇気をもって、現場の声を起点とした『個』が光るイノベーションに挑戦する
  4. 我々は、世界経済の動きを的確にとらえグローバル化に対応する
  5. 我々は、活発な支部活動を通じて、豊かで潤いある地域づくりに貢献し、活力と魅力あふれる世界都市・東京を実現する
  6. 我々は、国民生活の基盤である雇用の安定を図るとともに、次代を担う優れた人材を育成・教育する
  7. 我々は、環境と経済の調和した持続可能な社会を実現するため、広く環境問題の解決に率先して取り組む

以上の行動指針を実践に移すため、

東京商工会議所は、今後の方向性を示す「中長期ビジョン」を策定し、一丸となって、その実現に取り組む

お問い合わせ
東京商工会議所 総務統括部 組織運営課03-3283-7955

入会のご案内

東商学生サイト

職員採用のご案内

東商 社長ネット

東商プロモーションムービー

中小企業向けBCPマニュアル

声かけ・サポート運動

ザ・ビジネスモール

「売りたい!」「買いたい!」を無料でPR。商品やサービスを登録して、販路開拓に!

ザ・ビジネスモールへ

福利厚生制度の充実

宿泊・レジャー等50,000以上のメニューを割引!

CLUB CCIへ

共済

医療・がん・労災などスケールメリットを活かした割引料金で大きな保障・ワイドな安心

共済へ

各種証明の発行

原産地証明、インボイス証明、サイン証明など各種証明を発行しています。

各種証明の発行

女性会

青年部

施策・支援情報 都・区など中小企業のお知らせ