サイン証明

このページを印刷

翻訳に関する申請者宣誓書

(1) 翻訳に関する申請者宣誓書とは

翻訳に関する申請者宣誓書」は、日本語等の原本を他言語(英語、フランス語、スペイン語)に翻訳したものについて、当所で証明を取得する場合に必要なカバーレターのことです。下記注意事項を確認したうえで、ご申請ください。

(2) 作成上の注意

申請者宣誓書イメージ

① 「申請者宣誓書」は、日本語の原本ごとに作成してください。複数の書類を1枚の「申請者宣誓書」で申請することはできません。例えば原本が「会社定款」、「会社案内」、「貸借対照表」の3種類ある場合は、申請者宣誓書もそれぞれ作成し、3件としてご申請ください。

② 申請者宣誓書、翻訳文、日本語原本の3点が揃っていることが必要です。

③ 「申請者宣誓書」のカバーレターは申請者のレターヘッドを使用し、見本(右記)のとおりの文言を記載してください。

④ 会社名・氏名・役職名(登録がある場合のみ)・署名は当所に登録したものと一致させてください。

⑤ 書類名は翻訳した書類の表題を記載してください。抜粋箇所のみを翻訳した場合は、「書類名 (Extract)」と記載し、宣誓書の書類名の欄にも「書類名(Extract)」の記載をしてください。また日本語の原本に翻訳した箇所を特定するために蛍光ペン等で印をつけてください。

⑥ 日本語から英語以外(フランス語・スペイン語)の言語への翻訳の場合、見本*の箇所を適宜替えて記載してください。

<翻訳に関する申請者宣誓書のセットの仕方>

翻訳に関する申請者宣誓書のセットの仕方

※上から、宣誓書、翻訳文、日本語原本の順にセットし、左上をホッチキス止めしてください。