(6) Remarks(備考)

原産地証明書イメージ

①原則として空欄となりますが、必要に応じて、次の条件を満たした内容であれば記載することができます。

  【条件:典拠インボイスの記載事項で、かつ、他の記載欄の指定事項以外の内容】

※記載内容については、日本の輸出者と直接の売買契約者間の契約に関連するものに限定されます。当所が責任を負えない、海外の輸入者(売買契約者)とその転売先とのL/C番号、契約番号等は記載できません。

※記載内容はすべて、典拠インボイスの取り引きに係る付帯情報として記載いただけるものです。 原産地証明書は貨物の原産国を証明する書類であり、輸出商品の製造業者までを証明するものではありません。輸出商品や製造業者等が複数にわたる場合であっても、各々の商品と当該製造業者等を結びつける(関連付ける)記載はできません。そうした記載が必要な場合は、輸出者自身が発行するコマーシャル・インボイス等のインボイス証明においてご対応ください。

【記載できる内容】

②原産地証明書は売買当事者間の書類でないことから、次のような代名詞を含む表現は記載できません。

L/C上の記載 Remarks欄記載例
number of this credit (L/C) L/C Number
our order number Order Number
your reference number Reference Number

③宣誓文(We certify~)を記載することはできません。領事査証取得のための宣誓文を記載するときは7欄に記載してください。

④貿易条件を記載する場合、「FOB Yokohama, Japan」や「CIF Shanghai, China」のように港名、国名まで入れたうえで本欄に記載してください。7欄には記載できません。また、原産地証明書には金額の記載はできません。

⑤本欄への記載は必要最低限にとどめ、欄内におさまる範囲で記載するようご協力をお願いします。欄内に記載しきれない場合は記載事項の最後に「*(アスタリスク)」を付し、7欄「Description of goods(商品名等の欄)」にも同様に「*」を付し、その後に続きを記載してください。

とじる