原産地証明

このページを印刷

原産地証明書1枚に記載しきれない場合の証明書作成方法

原産地証明書は、極力1枚の原産地証明書用紙に記載してください。荷印・荷番号、梱包数と種類、商品名、数量についての記載事項が多く、1枚の原産地証明書用紙に記載しきれない場合は、以下の(1)アタッチ・シート方式、あるいは(2)連続記載方式(To be continued方式)のいずれかの方法で作成してください。

(1) アタッチ・シート方式

原産地証明書用紙の1枚目に商品名総称、総数量を記載し、さらに「Details are as per attached sheet(s)」と注記したうえで、詳細を記載したアタッチ・シートを添付してください。(下図参照)

①アタッチ・シートはA4版の白紙(申請者のレターヘッド等は使用できません)を使用し、上部に原産地証明書用紙と同様にMarks, numbers、number and kind of packages, description of goods、Quantityの各見出し項目を記載したうえで詳細を記載してください。なお、アタッチ・シートには7欄のMarks, numbers、number and kind of packages、description of goods、8欄のquantity欄に記載すべき内容しか記載できません。6欄のRemarksに関する事項は記載できません。

②アタッチ・シートが2枚以上にわたる場合はアタッチ・シートの全ページ右上に、「1/3、2/3、3/3」の ような形でページ数を記載してください。但し、都合により記載が困難な場合には「1、2、3...」というページ番号だけでも認めます。その場合、アタッチ・シートの最終ページに必ず「END」等、「End of attached sheets」等、アタッチ・シートの最終ページであることがわかるように記載してください。アタッチ・シートが1ページの場合には番号を付す必要はありません。

③アタッチ・シートには宣誓文言(We hereby certify~)や製造業者の記載は記載できません。

④当所の運用上、アタッチ・シートの上欄に典拠資料のコマーシャル・インボイス番号が記載されていても可としますが、コマーシャル・インボイス日付は記載できません。

⑤アタッチ・シートに更にアタッチ・シートを付けることはできません。

原産地証明書
原産地証明書
アタッチ・シート
アタッチ・シート
アタッチ・シート
アタッチ・シート

(2) 連続記載方式(To be continued方式)

1枚の原産地証明書用紙に記載しきれなかった内容を、原産地証明書用紙を連続で使用して記載する方法です。

①最後のページ以外の「9. Declaration by the exporter」および「10. Certification」欄を斜線で削除してください(下図A参照)。申請者の署名は最後のページにのみ入れてください。

②最初のページ以外の「1. Exporter」から「6. Remarks」までの各欄を斜線で抹消してください(下図A参照)。

③全てのページに、「1/3、2/3、3/3」のような形でページ数を記載してください。また最後のページを除く全てのページの下部に「to be continued」と記載してください。都合により記載が困難な場合につきましては「1、2、3...」というページ番号だけでも認めます(最終ページに「END」等の文言を記載する必要はありません)。

④最初と最後のページのみを原産地証明書用紙を使用し、中間ページをA4版の白紙(申請者のレターヘッド等は使用できません)を使用しても結構です。この場合は、上部に原産地証明書用紙と同様にMarks, numbers, number and kind of packages; description of goods、quantityの各見出し項目を表示したうえで、詳細を記載してください(下図B参照)。

図A   
図A 図A 図A
図B   
図B 図B 図B