原産地証明

このページを印刷

日本産商品の原産地証明書記載方法

①原産地証明書用紙
への記載

原産地証明書用紙への記載は、荷印の部分を除き、黒字または青字での記載をお願いいたします。
また、署名欄を除きタイプライターまたはワープロ、コンピュータによる印字にて記載してください。

入力ファイルのダウンロード

②使用言語

英語で記載してください。荷印を除いて英語以外の記載はできません。但し荷為替信用状(L/C)の指示や領事査証取得の都合で必要な場合は、スペイン語あるいはフランス語で記載できます(内容を確認するため日本語訳を提出していただくことがあります。)

③コマーシャル・インボイスの
記載事項の転記

原産地証明書への記載は、商品名を除き、コマーシャル・インボイスの記載事項の該当内容に基づくことが原則です(コマーシャル・インボイスに記載のない事項は、原産地証明書に記載できません)。

詳しくは「原産地証明書作成例・留意事項」、「インボイス証明」の「書類作成上の注意」をご覧ください。

原産地証明書は商品の国籍を証明することを目的とした書類であるため、コマーシャル・インボイスに記載のある表記であっても、「契約どおりの商品である」等、原産地証明書の本来の目的とは関係のない事項・文言を記載することはできません。

④所定の記載欄へ
記載すること

所定の記載欄に定められた内容を記載してください。

(例)7. Description of goods欄に輸出者名、6. Remarks欄に荷受人の記載等はできません。この場合、輸出者は1.Exporter欄、荷受人は2.Consignee欄に記載してください。

⑤枠外への記載、
はみ出しの禁止
枠外に記載した場合、文字がはみ出してしまった場合には作り直してください。
⑥全ての記載欄に
記載すること
6. Remarks欄、10. Certification欄を除き、全ての記載欄に必要事項を記載してください。
⑦用紙に印刷されている
文言の変更・削除の禁止
原産地証明書用紙にあらかじめ印刷されている文言を変更・削除することはできません。また、用紙に印刷されている文言が記載内容によって隠れてしまった場合には、作り直してください。
⑧同一案件のものは全て
同じ内容とすること
1件のコマーシャル・インボイスから作成される1件の原産地証明書の記載内容は、Original, Copy表記を除き、全部数とも同じ内容にしてください。
⑨訂正箇所がある場合

原産地証明書に記載した事項に訂正が生じた場合には、発給者である当所の訂正印の押印を受けることが必要です。

※申請者の訂正印は押印しないでください。誤って申請者の訂正印を押印してしまった場合には作り直してください。

詳細は「証明書類の訂正の仕方」をご参照ください。