原産地証明

このページを印刷

ラバー証明と肉筆証明について

(1) ラバー証明と肉筆証明について

ラバー証明とは、当所の認証印・署名がラバースタンプ(ゴム印)で押印されるものです。当所では、証明発給の迅速化・簡素化の観点から、全ての証明について「ラバー証明」による発給を原則としています。
肉筆証明とは、当所署名権限者の署名が自筆(肉筆)で発給されるものです。一部の大使館、領事館で領事査証を取得する場合、あるいは荷為替信用状(L/C)等の指示で肉筆証明が必要とされることがあり、この場合、必要最少部数を肉筆証明で発給し、それ以外はラバー証明で発給します。なお、肉筆証明を申請される場合には、申請者の署名も肉筆、且つOriginalの書類であることが必要です。

(2) 肉筆発給に関して

1. 肉筆署名による原産地証明の発給条件と発給部数 (PDFファイル)

2. 領事査証取得の場合の肉筆発給対象国と発給可能部数

※詳細は大使館にご確認ください。

アジア

仕向国名原産地証明コマーシャル・インボイスサイン証明
インドネシア1~3 1~3 1~3
スリランカ1 1 1

中近東

仕向国名原産地証明コマーシャル・インボイスサイン証明
アラブ首長国連邦1~3 1~3 1~3
イラク1 1 1
オマーン

1

1 1~3
クウェイト1~3 1~3 1~3

アフリカ

仕向国名原産地証明コマーシャル・インボイスサイン証明
エジプト1~3 1~3 1~3
リビア1~3 1~3 1~3

欧州

仕向国名原産地証明コマーシャル・インボイスサイン証明
ギリシャ1 1 1~3
スペイン1~3 1~3 1~3

中南米

仕向国名原産地証明コマーシャル・インボイスサイン証明
アルゼンチン1 1 1
注:原産地証明の査証は、原則としてオリジナル1部のみ
エクアドル1~3 1~3 1~3
コスタリカ1~3 1~3 1~3
ブラジル1~3 1~3 1~3
ペルー1 1 1~3

(平成26年7月3現在)

2. 注意事項

① 原産地証明書(C/O)と商業送り状のセットで、肉筆証明による査証取得が必要な国

アラブ首長国連邦、リビア

②査証の取得に関し、書類上の訂正を制限している大使館・領事館があります。

  詳細は[証明書類の訂正の仕方 証明前の訂正 2.一般的注意事項 (4)証明取得後に領事査証を取得する場合]及び

  [証明書類の訂正の仕方 証明後の訂正 2.一般的注意事項 (3)領事査証取得後に記載内容の変更が生じた場合]を

  ご確認ください。