各種調査

東京発・挑戦する中小ものづくり企業のすがた ~今日からはじめるイノベーションへの第一歩~

平成21年3月26日
東京商工会議所

 東京商工会議所(岡村正会頭)では、中小製造業のイノベーション活動を詳細に把握することを目的に「中小製造業におけるイノベーション活動の実態調査」を実施し、標記報告書(A4判、137ページ)をまとめた。調査の概要と結果は以下のとおり。

【調査概要】

1.調査の概要
調査対象:東京23区内の中小製造業483社
調査期間:平成20年5月16日(金)~6月5日(木)
調査方式:留置自記入法(郵送配布・訪問点検回収)
回答数:299社(回答率61.9%)
 
2.イノベーションの3つの基本原則
~日々の積み重ねが、絶え間ないイノベーションを生み出す~
○社長のリーダーシップと風通しの良い職場環境の確立
○社長を支える営業・企画担当者、技術者、現場管理者、工場長の内部育成
○ニーズ密着型のR&D、きめ細かな生産・品質・在庫管理による営業利益率の向上
 
3.報告書のポイント
・革新的な都内中小製造業では「新製品、新素材の開発」に取り組む企業が多く、プロダクト・イノベーションに軸足を置く企業が多いが、同時にプロセスイノベーションにも取り組む企業も多い(ダイジェスト版2ページ)。
・社長に続いてプロジェクトの核となるのは技術者、リーダーを担える技術者が社内にどの程度育っている かがポイント(ダイジェスト版4ページ)。
・いわゆる「ワイガヤ」により多様な人材が知恵を出し合っていることがイノベーションの秘訣(ダイジェスト版5ページ)。
・R&Dの担当者と共に営業販売責任者および企画提案力のある営業担当者の育成状況が成長の鍵(ダイジェスト版7ページ)。
・従業員のチームワーク、トップとの風通し、縄張りにこだわらない仕事のやり方がイノベーションを促進する(ダイジェスト版10ページ)。

◆ダイジェスト版は上記からダウンロードできます。
◆報告書本編が必要な方は右記にご連絡ください。

中小製造業におけるイノベーション活動の実態調査」報告書

以上

【本件担当・問い合わせ先】
東京商工会議所
中小企業部
担当 清水・藤田
TEL 03-3283-7643