支部概要

設立、分科会

  • 設  立   昭和35年3月21日
  • 分科会   商業、商業卸売、工業、工業技術、金融、交通運輸、建設不動産、情報・サービス

主な役員企業

支部役職
氏名
会社名
会社役職
会長
浅野 健
(株)金羊社
会長
副会長(会長代理)
(2名)
深尾 定男
(株)巴商会
社長
浅井 隆
 (株)浅井
社長
副会長
(12名)
舟久保 利明
(一社)大田工業連合会
会長
伴 良二
(公社)蒲田法人会
会長
齋藤 政二
(公社)大森法人会
会長
金山 宏
(公社)雪谷法人会
会長
平澤 久男
大田区商店街連合会
会長
倉持 武
(株)カマデン
相談役
竹内 榮多
ティヴィバルブ(株)
会長
古田 友宏
(株)古田鋳造所
会長
小松 節子
小松ばね工業(株)
会長
安藤 日出男
羽田運輸(株)
社長
千葉 茂
(学)片柳学園 日本工学院専門学校
副理事長・学校長
渡辺 嘉久
(株)渡辺精工社
会長
工業分科会長
佐山 行宏
栄商金属(株)
社長
商業分科会長
平澤 久男
大田区商店街連合会
会長
商業卸売分科会長
深尾 定男
(株)巴商会
社長
建設不動産分科会長
小林 光一
(株)佐々木組
社長
交通運輸分科会長
安藤 日出男
羽田運輸(株)
社長
金融分科会長
岡田 元夫
(株)日本政策金融公庫大森支店
国民生活事業統轄
情報・サービス分科会長
磯 収二
(株)城南サービス
社長
工業技術分科会長
古田 友宏
(株)古田鋳造所
会長

特色ある支部活動

大田ブランド

東商大田支部・(公財)大田区産業振興協会・(一社)大田工業連合会の3者が事務を執り行う大田ブランドは、区内の高度な技術集積を国内外に広くPRし、企業相互の連携強化とビジネスチャンスの拡大を目指し、平成18年2月にモノづくり産業のブランド化事業をスタートさせています。現在110社が登録し、HPや各種展示会におけるPR活動や企業間交流による連携、講演会・視察会等先進事例の取込みなどを推進しています。平成23年8月、大田区の中小企業が舞台の小説「下町ロケット」が直木賞を受賞したことから、小説に登場する架空企業「佃製作所」を大田ブランド企業に認定し、作家池井戸潤氏に登録証を手渡しました。

大森・蒲田再開発推進協議会

蒲田地区では、ポテンシャルを活かしたまちづくりの必要性を行政や地域関係者に働きかけ、旧逆川道路の改修整備では協議会のもとに設置したワーキングチームによる具体的なデザイン提案を行いました。

大森地区では協議会で要望した入新井特別出張所建替えに伴う大森北一丁目再開発事業が平成22年末竣工しています。また、観光まちづくりをキーワードに勉強会や先進的な事例研究・視察、品川区との広域連携事業への協力も行っています。

おおたサミット(中小企業都市サミット)

大田区・墨田区・東大阪市・尼崎市・川口市・岡谷市の行政と商工会議所で構成する中小企業都市連絡協議会は、2年に1回、回り持ちでサミットを開催しています。平成23年8月に、「ものづくり日本の再興」をメインテーマに第8回中小企業都市サミット(おおたサミット)を大田区で開催。6都市の首長、商工会議所会頭・支部会長が集まり、「ものづくり中小企業は日本経済のエンジンである」とするサミット宣言を採択しました。これと併せて、加盟都市以外の商工会議所との交流会や、ものづくり体験塾、ものづくりバスツアー、パネルディスカッションなど多彩な事業を行いました。