日本・バングラデシュ経済委員会

代表組織等

1.日本側                                                        

名称
日本・バングラデシュ経済委員会(The Japan-Bangladesh Committee for Commercial and Economic Co-operation)
委員長
朝田 照男/Mr. Teruo Asada (丸紅㈱取締役会長/ Chairman of the Board, Marubeni Corporation)
共同委員長
小林 文彦/Mr. Fumihiko Kobayashi (伊藤忠商事㈱代表取締役専務執行役員/Member of the Board, Senior Managing Executive Officer, ITOCHU Corporation) 
委員数
23名
年会費
7万円
設立年月
1980年5月

2.相手側

名称
バングラデシュ商工会議所連合会(Federation of Bangladesh Chambers of Commerce and Industry)
会長
アブドゥル・マトゥラブ・アフメッド (Mr. Abdul Matlub Ahmad)

活動概要

本委員会は、バングラデシュ政府の要請により日本商工会議所が経済使節団を派遣した際に提唱され、両国経済人相互の理解と親善を深め両国間の経済交流促進を図ることを目的として、1980年5月に設立されました。

2016年3月、バングラデシュの繊維産業に焦点を当てたラウンドミーティングの開催

2016年2月、渡邉正人駐バングラデシュ大使の朝田委員長表敬 

2016年11月、アメッド財務省上級次官率いる訪日団との懇談会を開催しました。
2016年10月、モハンマド・モザンメル・ホック・カーン内務省上級次官との意見交換会を開催しました。

2016年8月、外務省領事局との安全対策に関する意見交換会を開催しました。

2016年4月、東京にて第2回日バングラデシュ官民合同経済対話

        (兼第18回日本・バングラデシュ商業・経済協力合同委員会会議)を開催しました。
2015年11月、AHM ムストファ・カマル計画大臣が朝田委員長を表敬されました。
2015年8月、投資環境改善に係るバングラデシュ政府関係諸機関訪日団との懇談を開催しました。

2015年4月、日本・スリランカ経済委員会との合同により、「最近のバングラデシュ、スリランカ情勢」ブリーフィングを開催しました。
2015年1月、モハンマド・アブル・カラム・アザド 首相府上席次官が髙柳委員長を表敬されました。

2014年8月、ダッカにて第17回日本・バングラデシュ商業・経済協力合同委員会会議を開催しました。

2014年5月、シェイク・ハシナ バングラデシュ人民共和国首相の訪日にあわせ、歓迎昼食会を開催しました。

2014年3月、アティウル・ラーマン バングラデシュ中央銀行総裁との懇談会を開催しました。

2013年7月、カーン ダッカCCI会頭が中村日商専務理事を表敬されました。

2013年6月、(独)国際協力機構(JICA)との共催で、バングラデシュ経済特区(SEZ)セミナーを開催しました。

2013年3月、バングラデシュ繊維産業セミナーを開催しました。

2013年2月、佐渡島・駐バングラデシュ大使が髙柳委員長を表敬されました。

2012年7月、バングラデシュ輸出加工区(BEPZA)セミナーを開催し、モニ外務大臣がご出席されました。

2012年3月、ダッカで開催された『日・バ国交樹立40周年記念レセプション』に合わせて赤松委員長がバングラデシュを訪れ、カデル商業大臣らとの意見交換を実施しました。

入会のご案内

東商学生サイト

職員採用のご案内

東商 社長ネット

東商プロモーションムービー

中小企業向けBCPマニュアル

声かけ・サポート運動

ザ・ビジネスモール

「売りたい!」「買いたい!」を無料でPR。商品やサービスを登録して、販路開拓に!

ザ・ビジネスモールへ

福利厚生制度の充実

宿泊・レジャー等50,000以上のメニューを割引!

CLUB CCIへ

共済

医療・がん・労災などスケールメリットを活かした割引料金で大きな保障・ワイドな安心

共済へ

各種証明の発行

原産地証明、インボイス証明、サイン証明など各種証明を発行しています。

各種証明の発行

女性会

施策・支援情報 都・区など中小企業のお知らせ